サイトマップ

当サイトのサイトマップ

CADの特徴」の記事一覧

  • データム
    モデリング作業やアセンブリ部品の組立時の位置を決める際に使用する基準であるデータムの設定について。Pro/Eでは、平面、軸、点、座標系の4種類を使用することができます。
  • ファイル名変更とバックアップ
    Pro/ENGINEERのデータファイルの名称の変更方法と、ファイルのバックアップ方法を解説します。名称を変更の際は、Pro/E外で名前を変えるとリンク切れエラーが生じますので注意しましょう。
  • メモリーとデータのパージ
    モデリング作業の内容を保存するメモリーの機能について説明するとともに、古いPro/Eデータを棄てる作業、「パージ」のやり方について解説します。
  • データファイルオープンと閉じ方
    データファイルのオープンする開き方と閉じ方を解説します。他のCADデータを開いたあとでモデリングやアセンブリを行いたい時などには、保存方法などにも注意しましょう。
  • データの新規作成と保存
    Pro/ENGINEERのデータの新規作成と保存の方法を解説します。新規作成ファイルは、最初にモデルの種類(部品データやアセンブリデータ、図面データ)を選ぶとともに、テンプレートを設定してあげましょう。
  • ワーキングディレクトリーの指定
    Pro/Eデータのワーキングディレクトリーとデータの新規作成方法を解説します。モデリング作業を行う時に使用するフォルダーですが、基本的に日本語フォルダーを認識しないので注意しましょう。
  • データ形式・拡張子
    Pro/Eの拡張子は、部品モデルの「.prt」、アセンブリモデルの「.asm」、図面データの「.drw」の3つがあります。ただし、他のCATIAやSolidWorks等の3DCADデータのファイル変換も可能です。
  • マウスコントロール
    Pro/ENGNEERのマウスコントロールの説明をします。ここでは、部品モデルやアセンブリモデルを、回転させたり拡大縮小などを行う方法を解説します。
  • ツールバー
    Pro/Eでのツールバーのうち、共通アイコンの一覧を示します。新規ファイルの作成や保存ボタン、複製やコピー、貼り付け、消去、印刷などの各アイコンを示しております。
  • Pro/Eの基本作業
    3DCADのPro/ENGNEERでの基本的な設計・モデリングの流れをご紹介致します。簡単に説明すると、3DCADで部品を作るモデリング→モデリングした部品を組み立てをするアセンブリ→組立図及びに部品図の作成という流れです。

その他の便利機能」の記事一覧

  • モデル解析など
    Pro/Eでのモデル解析のやり方を解説します。この機能を使えば、モデルの質量や体積などの計算もできます。また、その他、モデルのカラー変更のやり方についても説明します。

アセンブリ作成」の記事一覧

  • 干渉チェック
    作成したアセンブリモデルの部品のそれぞれが干渉していないかを確認するために行うのが「干渉チェック」です。Pro/Eでは、解析ツールのメニューのうちのグローバル干渉というボタンから、チェックできます。
  • 2次元断面
    作成したアセンブリモデルや部品モデルに対して、断面をカットする事ができますが、その場合は、2次元断面ツールを使います。これを使えば、入り組んだアセンブリ内部を見る事ができます。
  • アセンブリの基礎(その4)
    アセンブリモデルの作成方法として、ここでは、「追加で同じ軸部品(ネジなど)を複数設置するための方法」を解説します。同じ部品を複数扱う場合は、パターン化を利用すると便利です。
  • アセンブリの基礎(その3)
    アセンブリモデルの作成方法のその3として、ここでは「追加で軸部品を設置するための方法」を解説します。方法としては、追加部品の軸と穴で方向を指定し、データム軸を合わせ挿入します。
  • アセンブリの基礎(その2)
    Pro/ENGINEERのアセンブリモデルの作成時において、追加で部品を設置する操作方法について解説していきます。構成部品をアセンブリに追加というコマンドから、部品を追加していきます。
  • アセンブリの基礎(その1)
    Pro/Eのアセンブリモデルの作成方法を解説します。ここでは、基礎的な内容として、アセンブリに組み込みたい部品の呼び出しから設置方法までを解説していきます。

スケッチと押し出し」の記事一覧

  • スケッチの変更と削除
    既に作成したスケッチを変更する方法と削除をする方法について解説します。3DCADでモデリングもここまで覚えておけば、後はほとんど対応できると思いますので、どんどんモデリングしていきましょう。
  • 押し出しの追加とカット
    Pro/Eで作成した立体モデルにおいて、追加でモデリングを行う方法(押し出しを追加で行う方法)と、モデルのカットを行う方法について説明します。押し出しとカットをマスターすれば、Pro/Eのほとんど全てのモデリングに対応できると思います。
  • スケッチの押し出し
    作成したスケッチを押し出しコマンドを利用して、立体モデルを作成する方法を説明します。Pro/Eにおいて立体モデルは、スケッチを断面として厚みをつけたものを言います。
  • 星を作ろう
    ここでは、Pro/Eのスケッチ機能を使って、CADの作図サンプルとして、実際に画面上で星の図形を作成してみたいと思います。
  • スケッチ拘束(後編)
    スケッチ拘束の種類について説明します。全部で9種類あり、垂直拘束、水平拘束、直角拘束、接線拘束、中点拘束など、それぞれの種類についてその操作方法を解説します。
  • スケッチ拘束(前編)
    Pro/ENGINEERでのスケッチ拘束についての解説。スケッチにあるルールを与えて強制するコマンドのことを拘束コマンドといいます。V拘束やH拘束のほか、色々な種類があります。
  • 寸法コマンド
    寸法コマンドで良く使うものとして、ロックと参考寸法の機能について解説します。スケッチではたまに寸法が勝手に変わることがありますので、勝手に変わらないようにするためにロックをします。
  • 寸法修正と消去
    Pro/ENGINEERのスケッチ線の寸法変更について、操作方法を解説します。また、寸法の消去方法についても解説します。
  • 寸法作成(後編)
    Pro/ENGINEERでのスケッチ線への寸法作成方法の説明の続きです。円や角度、直径などの場合についてここでは説明します。
  • 寸法作成(前編)
    Pro/ENGINEERでのスケッチ線への寸法作成方法をご説明します。スケッチ寸法は、2DCADの寸法とは違う別物と考えて下さい。
  • スケッチ作成の注意点
    Pro/Eでスケッチを作成する際の注意点として、厚みを付ける際などには、線同士が繋がっているか、線がはみ出していないか、重複していないかなどに注意する必要があります。
  • スケッチ作成方法
    直線や円など、各種スケッチコマンドの操作方法についての説明です。Pro/ENGINEERは3DCADですが、スケッチに関しては、基本的には2DCADと変わりません。
  • 画面とコマンドの種類
    Pro/ENGINEERにおいて、部品モデリングで部品の断面を描くスケッチの方法を解説します。また、実際の作図において必要なスケッチアイコンについても説明します。

図面作成」の記事一覧

  • 図面からのモデル呼び出しと注記の作成
    Pro/Eでのその他のコマンドの説明として、ここでは図面からのモデルの呼び出し方や注記の作成方法・注記表示の変更方法について解説します。
  • 寸法に関するその他のコマンド
    Pro/Eの寸法に関するその他のコマンドについて解説します。ここでは、まずもう一つの寸法の作成方法について紹介するほか、寸法の修正方法、寸法交差の付け方、スナップ線の作成方法などを解説します。
  • 寸法線の記入
    Pro/Eでの寸法の記入方法について解説します。また寸法線を消去したり、位置を変更したり、さらには、寸法の矢印の向きを修正する方法についても解説しています。
  • 投影図と矢印図
    Pro/Eでの図面作成について、今回は、投影図の書き方と矢印図の作成について説明していきます。投影ビューを挿入するやり方で作成していきます。
  • ネジ部の設定やハッチング
    作成した図面において、コスメティックツールでの設定をしたり、スケッチの位置の設定方法、ハッチングの設定を行う方法を、それぞれ解説していきます。
  • 断面図の作成
    断面図の作成方法のやり方を解説します。ここでは全断面図だけでな無く、半断面図や部分断面図の作成方法についても説明していきます。
  • 図面作成の基礎
    3D-CADのPro/Eでは、作成したモデルをそのまま図面に投影もできます。今まで作成した部品モデルやアセンブリモデルから、モデルのスケッチを作成することができます。その他、スケールの設定方法も解説します。

部品作成」の記事一覧

  • コスメティック
    コスメティックツールとは、Pro/ENGINEERのCAD図面上に作成したモデルにおいて、仮想的にネジ部を作成するツールです。ここでは、そのコスメティックの操作方法について説明します。
  • ミラーツールとコピー&貼り付け
    Pro/Eでミラーツールのコマンドの操作方法を解説します。鏡像のようにモデルをある線・面を境に対象に作成可能です。また、モデルのコピーと貼り付けをする方法も説明します。
  • パターンツールとグループ化
    Pro/ENGINEERのパターンツールで、作成したモデルに対して同じモデルを複数コピーする方法を解説します。また、モデル履歴を、まとめてグループ化する方法についても説明します。
  • 穴ツール
    穴ツールは、CAD上のソリッドモデルに穴を作成するツールです。このツールでは、ネジ穴、ネジ部の細かい設定などもできますので、色々な使い方が出来ます。
  • シェルツール
    Pro/Eのシェルツールの使い方を解説します。シェルツールとは、ソリッドモデルを中抜きの状態にするツールで、部品金型を製作する際にも使います。
  • ドラフトツール
    Pro/Eのドラフトツールのコマンドを使うと、あるモデルのエッジに対して、テーパ(傾き)を付けることができます。ここでは、ソリッドモデルをドラフトツールを使って仮テーパモデルを実際に作成するまでの過程を解説します。
  • スイープ
    Pro/ENGINEERのスイープ機能は、あるスケッチラインに沿って押し出しを行うコマンドですが、そのスイープを使ったモデリング方法の操作方法を解説します。
  • ラウンドと面取り
    Pro/Eにおいて、機械部品でよく使う加工方法である、面取りとラウンドの操作方法について解説します。ここでは、サンプル軸部品を事例にして操作方法をご紹介します。
  • スケッチ変更の注意点
    Pro/Eでは、スケッチ変更を行う場合の操作方法によってはモデルエラーになるケースもあります。したがって、矛盾が発生しないように、モデル作成をしていきましょう。
  • スケッチと回転
    Pro/ENGINEERのスケッチと回転を使って、軸部品モデルの作成方法を解説します。基本的にCADの図形で回転軸を選択して、その軸を中心に図形を回転させてモデリングします。

その他の記事一覧

サイトマップ