アセンブリの基礎(その2):Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


アセンブリの基礎(その2)

引き続きPro/ENGINEERのアセンブリモデルの作成方法についてご説明していきます。


前回のアセンブリの基礎(その1)では、
最初の部品を原点に密接させて設置するための方法をご説明しました。

今回は、追加で部品を設置するための方法をご説明していきます。


追加で部品を設置する方法

まず追加で部品モデルを追加するには、前回同様に、
"構成部品をアセンブリに追加"と記されるコマンドを左クリックします。


左クリックして追加したい部品を選べば、図1のように追加部品がPro/E画面上に現れます。


図1:アセンブリ画面①


次に、追加した部品の位置を指定します。

指定する方法は幾つかありますが、今回追加する部品は四角いので、
XYZ方向を指定する方法で指定をしていきます。


まず、図2のように追加部品と元々ある部品の合わせたい面をそれぞれ左クリックします。


図2:アセンブリ画面②


すると、図3のように、部品同士の面が合います。
これは"合致"または"平行"という方法です。

他にも"オフセット"などもあり、2つの面の間の寸法を指定するのに使用します。


図3:アセンブリ画面③


次に、他の面を指定していくのですが、図3を見ると部品間が接触しているのが判ります。

これだと少々見づらいので、図4のようにPro/E画面上でCtrl+Shiftを押しながら、
マウスを中クリックしたままマウスカーソルを移動させ、モデルを移動させて見て下さい。


図4:アセンブリ画面④


ちなみに設置した面方向には動かせないので、スライドするように移動します。


では同じ要領で、残りの2面も指定していって下さい。
指定が完了すると、図5のように部品の設置が完了です。

なお、今回はあくまで合致で位置を決めていますが、細かく位置を指定する場合は、
先ほどお話した合致をオフセット等に変更して、寸法を記入して位置を決めて下さい。


図5:アセンブリ画面⑤


以上、アセンブリの基礎(その2)として、追加で部品を設置する方法をご説明しました。
次回は、軸部品の設置方法をご説明していきます。

アセンブリ作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ