アセンブリの基礎(その3):Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


アセンブリの基礎(その3)

ここでは引き続きアセンブリモデルの作成方法についてご説明していきます。


前章のアセンブリの基礎(その2)では、
追加で部品を面同士で設置するための方法をご説明しました。

本章では、追加で軸部品を設置するための方法をご説明していきます。


追加で軸部品を設置するための方法

まず追加で部品モデルを追加するには、
前回同様"構成部品をアセンブリに追加"と記されるコマンドを左クリックします。


左クリックして追加したい部品を選べば、図1のように追加部品がPro/E画面上に現れます。


図1:アセンブリ画面①


次に、追加した部品の位置を指定します。

指定する方法は幾つかありますが、今回追加する部品は軸の形をしているので、
軸と穴で方向を指定する方法を行います。


まず、図2のように、追加部品の軸の面と元々ある部品の穴の面をそれぞれ左クリックします。


図2:アセンブリ画面②


すると図3のように部品同士のデータム軸が合って、穴に入ったようになります。
これは"挿入"という方法です。


図3:アセンブリ画面③


次に、前回と同様に、図4のように、
2モデルのデータム軸同士をそれぞれ左クリックします。


図4:アセンブリ画面④


すると、図5のように2部品のデータム軸がくっ付きます。
これで2つの拘束を付けました。


図5:アセンブリ画面⑤


図5をよく見ると、軸部品の突起部分が傾いてるのが判ります。
最後の拘束としては、この突起角度を変えれるようにします。


角度での拘束を行うには、データム平面を使用します。

図6のように、2つのモデル間のデータム平面を左クリックします。


図6:アセンブリ画面⑥


そうすると、図7のように、
アセンブリコマンド何の最後の拘束条件が、角度で拘束されるようになります。


図7:アセンブリ画面⑦


これで、この角度の数値を自分の好きな角度に合わせること出来ます。


最後にОKボタンを押せば、図8のように軸部品のアセンブリが完成です。


図8:アセンブリ画面⑧


以上、アセンブリの基礎(その3)についてのご説明でした。
次回は、ネジなどの複数部品の設置方法をご説明していきます。

アセンブリ作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ