マウスコントロール:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


マウスコントロール

ここでは、Pro/ENGNEERのマウスコントロールの説明を致します。

まずマウスコントロールとは、モデリング画面等で行うマウス操作のことです。


Pro/Eは3DCADなので3次元空間上で部品モデルやアセンブリモデルを、
クルクル回転させたり拡大縮小したりして、形状や組立状況を確認したりする事が出来ます。

では実際に操作の説明を致します。


モデルを回転させる方法

図1のような部品モデルがあるとします。
画面上で見ると裏側に段差のようなものがあるのが解ります。

しかし、このままでは、その段差を見ることが出来ません。

そこで、マウスを使用してモデルを回転させましょう。


マウスアイコン(矢印)をモデルリング画面におきます。(図1)


図1:モデリング①


マウスを中クリックしながらマウスを動かします。(図2)


図2:モデリング②


そうするとモデルの向きが変わります。(図3)


図3:モデリング③


これでモデルの裏側を見ることが出来ました。
この方法を「スピン」と言います。


モデルを拡大させる方法

では次に中央の穴のようなものが見えてますが、この距離ではハッキリと見えないです。
そこで、マウスを使用してモデルを拡大してみましょう。


マウスアイコン(矢印)をモデルリング画面におきます。

キーボードのCtrlを押しながら、マウスを中クリックしながらマウスを下に動かします。(図4)


図4:モデリング④


そうするとモデルとの距離が近くなります。(図5)


図5:モデリング⑤

これでモデルを拡大して見ることが出来ました。


逆に縮小するにはのマウスを上に動かせば縮小します。
この方法を「ズーム」と言います。

ズームイン・ズームアウトでも似たような事が出来ますが、
こっちの方が早いし細かい調整が出来るので色々と便利です。


なお、マウスのホイールを回転させても同じように拡大・縮小が出来ます。


モデルを現在の視点を維持したまま上下左右にスライドさせる方法

他にもこのようなマウスコントロールがあります。


マウスアイコン(矢印)をモデルリング画面におきます。

キーボードのShiftを押しながら、マウスを中クリックしながらマウスを上下左右に動かします。

そうするとモデルが上下左右にスライドします。(図6)


図6:モデリング⑥

この方法を「パン」と言います。
※正確にはモデルが左右に動いてるのは無く、視点が動いてます


モデルを現在の視点を維持したまま回転させる方法

マウスアイコン(矢印)をモデルリング画面におきます。

キーボードのCtrlを押しながら、マウスを中クリックしながらマウスを左右に動かします。

そうするとモデルが図のように回転します。(図7)


図7:モデリング⑦

この方法を「ターン」と言います。

ちなみに、図面作成画面では「パン」と「ズーム」を行うことが出来ます。


以上が、マウスコントロールの説明です。

CADの特徴



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ