データ形式・拡張子:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


データ形式・拡張子

ここでは、Pro/ENGNEERのデータ形式の事をご説明いたします。
データ形式とは、要するにCADデータの拡張子の事です。


Pro/Eの拡張子は以下の3種類です。

  • .prt:部品モデルの拡張子
  • .asm:アセンブリモデルの拡張子
  • .drw:図面データの拡張子

基本的にこの3つのデータを管理しながら作業を行っていきます。


ファイル変換について

ただし、上記の拡張子を持つファイル以外にも、3DCADには
別機種の3DCADモデル・アセンブリデータへのファイル変換も行うことも出来ます。


どのような場面で使用するかと言うと、例えば外注さんに3Dデータを渡す際に、
外注さんがPro/Eを持ってなければ(Pro/Eデータを開けるCADが無ければ)、
Pro/Eの拡張子のデータを開くことが出来ない場合があります。

そういう時は、外注さんの開ける3DCADの拡張子で保存を行い、データを渡すと良いでしょう。
もちろんPro/Eにもその機能はございます。


CATIAやSolidWorks等様々な拡張子に変換できますが、
最も多く利用されるのは中間データと言われる下記のの2種類の拡張子です。

  • .igs:IGESデータ
  • .stp:STEPデータ

基本的にこの2種類を使うことが多いでしょう。

また、別機種の拡張子の3DCADデータを直接開く事も出来ます。
例えばSolidworksでもらったデータをそのままPro/Eで開く事も出来ます。


ファイル変換の注意点

便利な拡張子変換ですが、注意する点が二つあります。

まず一つ目は・・・

ネイティブデータ同士でデータ変換をする際にモデルが正確に表示されなくなる時があります。
※3DCAD専用のデータをネイティブデータという

これは、交換する際のお互いの3DCADの精度が違うからです。


簡単に言うと、雑なモデルのCADは、精密なCADで再生するのは問題ありません。
しかし逆に精密なモデルのCADデータを、雑なモデルのCADで再生すると性能が足りないので
正確に再生する事が出来ない場合があります。

回避するには、誰かにデータを渡す際には常に中間データにしておく事です。
基本的に中間データはどの3DCADでも再生できます。


次に二つ目ですが・・・

モデリングの作業履歴が無くなります。

データ変換を行うと、そのモデルを作るまでの作業履歴(スケッチ、押し出し等)が無くなってしまいます。
※スケッチ等の説明は部品作成でご説明します

これは、モデルの形状のみ記憶しているので、回避方法はありません。


以上が、Pro/ENGNEERにおけるファイル変換時の注意点です。

CADの特徴



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ