データの新規作成と保存:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


データの新規作成と保存

ここでは、Pro/ENGINEERのデータの新規作成と保存の方法を解説します。


モデリングデータの作成には、前章でお話したワーキングディレクトリーの設定が必要です。
したがって、以降の説明は、ワーキングディレクトリーの設定が完了してから作業して下さい。


新規作成からモデルの種類の選択

まず、図1のように、「ファイル」 → 「新規作成」を選びます。


図1:ファイル→新規作成


次に図2のようになったら、まず、作成するモデルの種類を選びます。


図2:名前入力


モデルの種類は画面では様々な種類がありますが、基本的に使用するのは、

  • 部品データ(.prt)
  • アセンブリデータ(.asm)
  • 図面データ(.drt)

の3種類です。


ちなみに図面データに関しては、テンプレート(図面の枠や記入欄など)の指定を行う必要があります。


元々Pro/Eや会社・企業によって登録されているテンプレートがあったり、
部品図、アセンブリ図やA4やA3など紙のサイズによって、様々なテンプレートがあります。

その時によって、テンプレートを使い分けてあげましょう。


次に新規データの名前を入力してOKボタンを押します。
それで図3のようにデータの新規作成が完了します。


図3:新規モデリング画面


注意点:

データ名は半角英語又は半角数字で入力します。
また、文字数も決まっており、およそ20文字程度までです。


データ保存方法

次に作成したデータの保存の説明を行います。


保存方法には2種類あります。

  • 上書き保存
  • コピーを保存(別名で保存と同じ)

まず、図4のように「ファイル」 → 「保存」を選びます。


図4:ファイル→保存


次に図5が画面上に出たら、
Pro/Eデータで保存するなら特に何も入力等せずに、OKボタンだけ押してください。
*他のCADデータで保存する場合そのCADデータの拡張子を指定して保存しましょう
*新規作成時に既にモデリングの名前を決められているはずなので、モデル名等は入力しないで下さい


図5:ファイル→保存


これで上書き保存が完了しました。


次に、コピーを保存の場合は図6のように「ファイル」 → 「コピーを保存」を選びます。


図6:ファイル→コピーを保存


次に図7が画面上に出たら、新しい名前を入力後OKボタンを押します。


図7:ファイル→コピーを保存


これで新しい名前でデータの保存が出来ました。
以上が、Pro/Eのデータの新規作成と保存の説明です。

CADの特徴



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ