ファイル名変更とバックアップ:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


ファイル名変更とバックアップ

ここでは、Pro/ENGINEERのデータファイルの名称を変更するための方法と、
万が一の時のための、ファイルのバックアップ方法をご説明いたします。

まず、データファイル名の変更方法から解説していおきます。


データファイルの名称の変更方法

データファイル名の変更とは、
既存のデータファイルの名前を別の名前に変更することです。


図1のように、"prt0001"というPro/Eデータがあります。


図1:ファイル名_0001


このデータを"prt0002"という名前に変更します。


まず図2のように、「ファイル」 → 「名前変更」を選びます。


図2:ファイル→名前変更


図3が画面上に出てきたら、新しい名前"prt0002"を入力してOKボタンを押す。


図3:新しい名前を入力


これで図4のように新しい名前"_0002"となりました。


図4:ファイル名_0002


なお、この操作では、上書き保存とは違い、古いデータは残りません。


アセンブリデータの場合は、図5のような画面になります。


図5:アセンブリ


変更されるのはアセンブリデータの名前だけなので、リンクの部品は名前を変更されません。

注意点:
フォルダーから直接名前変更を行うことも出来ますが、やらないで下さい。

アセンブリ等の数パターンの部品データで構成されているデータは、
部品間のリンクは全てPro/E内で全て管理されているので、
Pro/E外で名前を変えるとリンクが切れてエラーが発生してしまいます。


バックアップのファイルの設定方法

次にファイルのバックアップのご説明をいたします。


作業中に何かしらのトラブルによってデータが全て消失する場合もあります。

そうならないように念のため作業を開始する前に、
今までのデータのバックアップを取っておく事をお薦めします。

バックアップはワーキングフォルダーとは別のフォルダーに設定します。


まず図6のように「ファイル」→「バックアップ」を選びます。


図6:ファイル→バックアップ


図7が画面上に出たら、バックアップに使用するフォルダーを指定してOKを押します。


図7:アセンブリ


これでワーキングフォルダーとは別にバックアップデータも別フォルダーで管理できます。


ちなみにアセンブリ・図面データをバックアップした場合は、部品データも全てバックアップされます。


以上が、データファイル名の変更方法とバックアップ方法です。

CADの特徴



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ