Pro/Eの基本作業:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


Pro/Eの基本作業

ここではまず、3DCADのPro/ENGNEER(以下Pro/E)で行う、
基本的な設計・モデリングの流れをご紹介致します。

Pro/Eには数多くのコマンド・操作方法がありますが、
多くの方が1番必要と思われる、下記の操作までの解説を行いたいと思います。

  1. 3DCADで部品を作る(モデリングといいます)
  2. いくつかモデリングした部品を組み立てる(アセンブリといいます)
  3. 組み立て構成に問題が無ければ組立図及びに部品図の作成

以上の作業を行えば、仕事を行うことが可能だと思います。


この作業は基本的にどのCADでも共通の作業手順ですので、
Pro/Eだからといって特別な作業はございません。(一部例外もございます)


操作の流れ

Pro/Eでの基本作業をもう少し詳しくご説明すると、

①まず、図1、2のようにモデリング画面で必要な分だけの部品のモデリングを行います。


図1:黄色のモデリング図


図2:青色のモデリング図


②必要な部品のモデリングがすんだら、図3のアセンブリ画面でモデリングした部品を組み立てます。


図3:アセンブリ図


③組み立てた際に部品に干渉等問題がありましたら、部品のモデリング画面を開き修正を行います。


④組立に問題が無ければ、図4から図6のように図面作成画面で組立図と部品図の作成を行います。


図4:黄色のモデリング図面


図5:青色のモデリング図面


図6:アセンブリ図面

この際、どちらから作業を行うかは業務内容によって異なると思いますが、
どちらから始めてもPro/Eでは問題はございません。


さらに、部品図等を作成後に何かしら修正があった場合でも、
そのままモデリングの修正を行っていただいて大丈夫です。

なぜなら、モデリング画面と図面作成画面は常にリンクしてまして、
モデリングした部品の寸法などを修正すれば、図面作成画面の部品図も一緒に修正されます。

これにより、途中で設計にミスがあったとして簡単に修正を行うことが出来ます。


以上が、Pro/Eでの基本的な作業方法です。

CADの特徴



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ