図面作成の基礎:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


図面作成の基礎

ここからは、Pro/Eの図面作成についてご説明していきます。


図面作成は、今まで作成した部品モデルやアセンブリモデルにおいて、
図面を作成するのに使用します。

作成したモデルをそのまま図面に投影できる、
Pro/Eをはじめ3D-CAD特有の機能の一つです。

この機能を使えば、2DのCADのようにスケッチで図面を作成する手間が省けます。


モデルからの図面作成

まず、図1のようにモデルを作成しておきます。


図1:部品モデル


新規作成で図面を選びますが、その際に図面枠、図面名の設定を行います。
※図面枠などは、会社ごとに規定があったりCADの製図規定があるはずです

新規図面データを開いたら、自分が置きたいモデル図の位置を、
適当に決めて、右クリックを長押しします。


すると、図2のようなメニューが出てきます。


図2:図面作成①


メニューの中にある"一般ビューの挿入"を選ぶと、
図3のようにモデルのスケッチと新たに大きなメニューが出てきます。


図3:図面作成②


ここで一旦OKボタンを押します。


次に、モデルを動かします。
動かし方は左クリックでドラッグしたまま動かします。

しかし、ロックが掛かっていると動かせません。

ロックを解除するにはスケッチをターゲットしたまま、
図4のように右クリック長押しして"ビュー移動をロック"のチェックを外します。


図4:図面作成③


チェックが外れると、図5図6ようにドラッグでスケッチを移動出来るようになります。


図5:図面作成④



図6:図面作成⑤


スケールの設定

続いて、スケッチモデルのスケールを設定します。
スケールは最初、自動的に設定されます。

スケールを変更するには色々と方法がありますが、最も簡単なのは
Pro/E画面下側にあるスケールの上(図7)でダブルクリックする方法です。


図7:スケール①


ダブルクリックすると、Pro/E画面上側に入力バーが出てきます。

"1/2""2/1"とった自分のほしいスケールを入力してOKを押せば、
図8のように自分のスケールのスケッチに変更されます。


図8:スケール②


以上、図面作成の基礎についてご説明しました。


次回は、断面図の作成について解説します。

図面作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ