ネジ部の設定やハッチング:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


ネジ部の設定やハッチング

引き続き図面作成についてご説明していきます。
今回も前回作成したスケッチに対して様々な設定を行います。


ここでは、作成した図面において、コスメティックツールでの設定をしたり、
ハッチングの設定を行う方法を解説していきます。


ネジ部の設定について

前回までに作成したスケッチを見てみると、
図1のように紫の線が付いてるのが判ると思います。


図1:図面作成①


この線は前にご説明した"コスメティックツール"です。
コスメティックツールとは仮想的に作成したネジ部のことです。


このままでは見栄えが良くないので、設定を変更してみましょう。
変更するには、スケッチをダブルクリックしてコマンドを出します。


次に、図2のようにコマンドメニュー内の"ビュー表示"にします。

ビュー表示内にある2つの表示スタイルを"陰線なし""なし"にします。


図2:図面作成②


設定後OKを押すと、図3のように紫線が消えます。

その代わり断面部分に黄色い線が出てきますが、
その線が図面上でネジ部をあらわします。


図3:図面作成③


これでネジ部の設定が完了です。


スケッチの位置設定

次にスケッチの細かい位置設定を行います。


まず図4のようにコマンドメニュー内の"基準点"にします。

次にメニュー内にある数字を変更してスケッチの位置を指定します。
※この数字がスケッチの位置を表しています。


図4:図面作成④


数値を入力して図5のようにスケッチ位置を決めます。


図5:図面作成⑤


ハッチングの設定

次にハッチングの設定をします。
ハッチングとは断面を作成した際に出来る斜線のことです。


すでに出来ているハッチングの上でダブルクリックをします。
すると、図6のようにハッチングのメニューコマンドが出てきます。


図6:図面作成⑥


図7のようにメニュー内にある間隔を選ぶと、下にメニューが追加されます。

そのメニュー内にある"1/2"を押すと、ハッチングの間隔が半分になります。


図7:図面作成⑦


逆に、図8のように"ダブル"を押すと間隔が2倍になります。


図8:図面作成⑧


最後に終了を押せば、ハッチングは完成です。


以上が、図面作成(その3)についてのご説明です。
次回は、投影図や矢印図の作成方法につい解説します。

図面作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ