投影図と矢印図:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


投影図と矢印図

ここでは、Pro/Eでの図面作成についてご説明しますが、
今回は、投影図の書き方と矢印図の作成について説明していきます。


投影図の作成方法

前回までに作成したスケッチを見てみると、
一方向の面だけが作成されていると思います。


部品図面を作成する場合、複数の視点から見た投影図にするのが一般的ですが、
この場合、新規投影でスケッチを増やすより投影ビューを挿入する方が効率的です。


方法としては、図1のように、
右クリック長押し→"投影ビューの挿入"を左クリックします。

最初に作成したビューを正面ビューとします。


図1:図面作成①


クリックすると、図2図3のように四角い枠が出てきますが、
この枠が投影図になります。

この枠は上下左右に動かすことができ、それぞれの方向にリンクした投影図が出ます。


図2:図面作成②



図3:図面作成③


投影する方向を決めたら、左クリックを押します。
すると、図4のように側面ビューが作成されます。


図4:図面作成④


ちなみに、作成した投影ビューも同じように、色々な設定を行うことが出来ます。


矢印図の作成

次に、先ほど作成した断面図に対して、
矢印図を投影ビューに作成する方法をご紹介します。

まず、正面ビューのプロパティを開いて、
図5のようにメニュー内の"断面"を選びます。


図5:図面作成⑤


次に、先ほど作成したのと同じ断面を選んで、
断面メニュー内の1番右にある"矢印図"を1回左クリックします。

そしたら側面ビューを1回左クリックします。

すると、図7の赤丸のように、A断面の矢印図が作成されます。


図6:図面作成⑥


以上、投影図と矢印図の作成について解説しました。
次回は、寸法線と中心線の作図について説明していきます。

図面作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ