寸法に関するその他のコマンド:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


寸法に関するその他のコマンド

前回は、Pro/Eにおいて、寸法線の記入方法について解説するとともに、
寸法線の消去位置修正、矢印の向き変更などのやり方を解説しました。

今回は、前回に作成した寸法に関するその他のコマンドについて解説します。


もう一つの寸法の作成方法

まず、前回とは違う方法での寸法作成方法をご紹介します。


やり方としては、まずPro/E画面上にある図1のアイコンを左クリックします。


図1:寸法アイコン


次に、図2のようにスケッチ内の寸法作成したい部分を左クリックします。
左クリックすると赤い線になります。


図2:寸法作成①


赤い線を作成して最後に中クリックを押すと、図3のように寸法が作成されます。
この方法で作成された寸法は、図面上での寸法になります。(2DCADと同じ要領です)


図3:寸法作成②


ちなみに、これは、モデル作成時のスケッチと同じ要領で作成できます。
なので図4のように、円の寸法を作成することもできます。


図4:寸法作成③


寸法の修正方法

次に、作成した寸法を修正する方法をご説明してます。


寸法をダブルクリックすると、図5のようにプロパティが開くことが出来ます。

次に、テキスト寸法を選ぶと"φ&D"と記入されているので、 "(φ&D)"と修正します。


図5:寸法作成④


最後にOKを押すと、図6のように寸法にカッコが付きます。
このカッコは参考寸法という意味です。
※ちなみに"&O"と修正すると寸法値だけ非表示になります


図6:寸法作成⑤


寸法交差の付け方

次に寸法交差の付け方をご紹介します。


まずは先ほどのように寸法のプロパティを開きます。
そしたら図7のように数値と交差を設定します。


図7:寸法作成⑥


上限交差と下限交差を入力してOKを押せば、図8のようになります。


図8:寸法作成⑦


スナップ線の作成方法

最後にスナップ線の作成方法をご紹介します。
スナップ線とは寸法を定位置に置くための方法です。


まず、Pro/E画面ツールバーで挿入スナップ線と選びます。

次にPro/E画面上に数値記入欄が出てくるので・・・

  1. 最初のスナップ位置のモデルからの距離
  2. スナップ線の数
  3. スナップ線の間隔

を順に入力していきます。


すると、図9のような線が作成されます。


図9:寸法作成⑧


この線に寸法を簡単に合わせることが出来るので、図10のようになります。


図10:寸法作成⑨


以上、寸法に関するその他のコマンドについて、ご説明しました。
次回も今回同様に、その他の寸法コマンドについてご説明していきます。

図面作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ