図面からのモデル呼び出しと注記の作成:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


図面からのモデル呼び出しと注記の作成

今回は前回と同様、寸法に関する他のコマンドをご紹介します。
まず、図面からすぐにモデルを開く方法から説明します。


図面からのモデル呼び出し

Pro/E画面左側にあるモデルツリーの図1のようにモデルのデータ上で、
右クリック→オープンを選ぶことでモデル画面をすぐに開けます。


図1:モデルオープン


これは、非常に便利なコマンドですので、Pro/ENGINEERを使う上で覚えて置いて下さい。


寸法の位置変更方法

次に、寸法の位置変更をご説明します。
この位置変更では、図2のように面取りの寸法位置を変更するのに使用します。


まず面取り矢印を選んで、右クリック長押し接続を編集を選びます。


図2:寸法作成①


次に変更したい位置(この場合は面取り部分)を左クリックします。
図3のように位置が変更されます。


図3:寸法作成②


注記の作成方法

次に注記作成方法をご紹介します。
注記には「矢印付き」「矢印無し」の2種類があります。


今回はネジ部の注記を作成します。
まずPro/E画面上にある、図4のアイコンを左クリックします。


図4:注記アイコン


図5の矢印先のネジ部の細線に矢印注記を作成します。

すると、メニューコマンドが出てくるので、
図5のように設定を合わせて注記作成を左クリックします。


図5:注記作成①


すると別のメニューコマンドが出てくるので、
図6のように、設定を合わせて左クリックを押します。


図6:注記作成②


注記矢印を付けたい線を左クリックしてから、最後に中クリックを押します。


すると注記入力欄がPro/E画面上に出てくるので、"M30"などの注記を入力します。
すると図7のように注記が作成されます。


図7:注記作成③


注記表示の変更のやり方

最後に、注記表示の変更をご紹介します。


図8のように作成した注記を選んで、
右クリック長押し引出線タイプを切り替えを左クリックします。


図8:注記作成④


すると図9のように注記の位置が変わります。
基本、図面では図9のように注記を示します。


図9:注記作成⑤


以上までのことを利用すれば、最終的に図10のようになります。


図10:寸法作成①


以上、その他のコマンドについてのご説明でした。


とりあえず、今回までが図面作成の基礎でした。

これまでの章を利用すれば、図面作成は困らないと思いますので、
あなたも頑張って取り組んで見て下さいね。

図面作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ