部品作成:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

「部品作成」の記事一覧

「Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル」の「部品作成」のカテゴリ記事リストです。

コスメティック

コスメティックツールとは、Pro/ENGINEERのCAD図面上に作成したモデルにおいて、仮想的にネジ部を作成するツールです。ここでは、そのコスメティックの操作方法について説明します。

コスメティックの全文を読む

ミラーツールとコピー&貼り付け

Pro/Eでミラーツールのコマンドの操作方法を解説します。鏡像のようにモデルをある線・面を境に対象に作成可能です。また、モデルのコピーと貼り付けをする方法も説明します。

ミラーツールとコピー&貼り付けの全文を読む

パターンツールとグループ化

Pro/ENGINEERのパターンツールで、作成したモデルに対して同じモデルを複数コピーする方法を解説します。また、モデル履歴を、まとめてグループ化する方法についても説明します。

パターンツールとグループ化の全文を読む

穴ツール

穴ツールは、CAD上のソリッドモデルに穴を作成するツールです。このツールでは、ネジ穴、ネジ部の細かい設定などもできますので、色々な使い方が出来ます。

穴ツールの全文を読む

シェルツール

Pro/Eのシェルツールの使い方を解説します。シェルツールとは、ソリッドモデルを中抜きの状態にするツールで、部品金型を製作する際にも使います。

シェルツールの全文を読む

ドラフトツール

Pro/Eのドラフトツールのコマンドを使うと、あるモデルのエッジに対して、テーパ(傾き)を付けることができます。ここでは、ソリッドモデルをドラフトツールを使って仮テーパモデルを実際に作成するまでの過程を解説します。

ドラフトツールの全文を読む

スイープ

Pro/ENGINEERのスイープ機能は、あるスケッチラインに沿って押し出しを行うコマンドですが、そのスイープを使ったモデリング方法の操作方法を解説します。

スイープの全文を読む

ラウンドと面取り

Pro/Eにおいて、機械部品でよく使う加工方法である、面取りとラウンドの操作方法について解説します。ここでは、サンプル軸部品を事例にして操作方法をご紹介します。

ラウンドと面取りの全文を読む

スケッチ変更の注意点

Pro/Eでは、スケッチ変更を行う場合の操作方法によってはモデルエラーになるケースもあります。したがって、矛盾が発生しないように、モデル作成をしていきましょう。

スケッチ変更の注意点の全文を読む

スケッチと回転

Pro/ENGINEERのスケッチと回転を使って、軸部品モデルの作成方法を解説します。基本的にCADの図形で回転軸を選択して、その軸を中心に図形を回転させてモデリングします。

スケッチと回転の全文を読む

サブコンテンツ

サイトマップ