スケッチ変更の注意点:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


スケッチ変更の注意点

ここでは、先ほど作成した軸部品を使って、スケッチ変更の注意点をご説明します。

Pro/Eでは操作方法によってはエラーになる場合があるので、操作方法に注意しましょう。


モデルエラーになるケース

まず、先ほどの軸部品のスケッチを左クリックしてから、
右クリック長押してリストを表示→定義の編集を選んで左クリックをします。

スケッチが開いたら図1のようにスケッチを修正します。


図1:軸のスケッチ①


スケッチを終了すると、図2のようにモデルのエラーが発生します。


図2:モデルエラー


これは、回転コマンドをした時に選択した回転軸が無くなってしまったからです。

Pro/Eはこういった矛盾が発生するとエラーが発生するので、修正する際は注意が必要です。


エラーの解除方法

エラーの抜け方は色々ありますが、単純なモデリングの場合は、
図3のように簡単抑制→グループ定義→確定で一旦モデリングを解除してあげましょう。


図3:解除方法


そうすると、図4のようにスケッチ断面が残ります。


図4:スケッチ断面


ちなみにツリー部分の回転操作の前に、
黒の点が付いているので、その回転操作を削除します。

もしまた修正すると、再びエラーが発生する可能性があるので、
モデル作成とは別に、図5のようにデータム軸を作成して中心線にします。


図5:データム軸


データム軸や面はスケッチや押し出しの影響を受けることはあまり無いので、
モデリング前に作成しておくと楽です。

データム軸が出来たらそのデータム軸を中心軸にして回転させます。
すると図6のように仮モデルになります。


図6:仮モデル


仮モデルになって、そこで終了すれば、図7のようになり修正完了です。


図7:軸のモデル


以上が、モデル修正の注意点です。


これ以外にも、修正を行うとエラーが発生する場合があるので、
慣れてきたらモデル作成手順を考えながら、作業していくのが良いでしょう。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ