ラウンドと面取り:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


ラウンドと面取り

ここでは、"ラウンド"と"面取り"の方法についてご説明していきます。

これは機械部品でよく使う加工で、俗に言う"逃げ加工"です。
Pro/Eでは、それらがちゃんと再現できます。


Pro/E画面の右側にある図1のコマンドがラウンドコマンド、
図2のコマンドが、面取りコマンドです。


図1:ラウンドコマンド



図2:面取りコマンド


ここでは、下図のような軸部品を例に、ラウンドと面取りの操作方法を解説します。


図3:軸部品


では、まずラウンド方法から説明していきます。


ラウンドの操作方法

まず、ラウンドを行うには、図1のラウンドコマンドを左クリックしたら、
ラウンドさせたいエッジを選んで、左クリックします。

すると、下図のようにエッジに黄色と赤のラインが発生します。


図4:ラウンド画面①


次に、Pro/E画面の左上に図5のようなメニューが出ているので、
数字を入力する部分に適当な数値を入力します。

この数値がラウンドの寸法になります。
(例えば、2と入力すればR2ということです)


図5:ラウンド画面②


ラウンド寸法が決まったら、
Pro/E画面右上にある図6の完了ボタンを押します。


図6:ラウンド画面②


これで下図のようにラウンドの完成できました。


図7:ラウンド画面③


面取りの操作方法

では、同じ要領で今度は面取りコマンドを行ってみましょう。
選択するエッジは図8のエッジが良いでしょう。


図8:面取り画面①


すると、図9のように、角の部分がカットされ面取りできました。


図9:面取り画面②


注意点として、ラウンド・面取りは、大き過ぎる寸法では行うことが出来ません。
あまり大きな数字を入力すると、下図のように黄色と赤のラインが消えてしまいます。


図10:エラー画面


このまま完了を押すとエラーになるので注意してください。


以上が、ラウンドと面取り方法についてのご説明です。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ