ドラフトツール:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


ドラフトツール

ここでは、Pro/Eのドラフトツールのコマンドについてご説明していきます。


ドラフトツールとは、あるモデルのエッジに対して、
テーパ(傾き)を付けるコマンドのことです。

このドラフトツールもPro/Eをはじめ、多くの3DCADで活用されています。


ドラフトツールの操作方法

では、早速、ドラフトツールの操作方法を解説しています。
まず、図1のようなソリッドモデルがあるとします。


図1:ソリッドモデル①


次に、Pro/E画面の右側にあるドラフトツールコマンドを左クリックします。


図2:ドラフトツールコマンド


ドラフトツールコマンドを左クリックしたら、
Pro/E画面左上の赤い文字で書いてある参照ボタンを押します。

すると、参照のドラフトツールメニューが開くので、図3のように赤い部分を押します。


図3:参照のドラフトツールメニュー①


ドラフトサーフェスを選択する画面に移りますので、
Pro/Eの画面上のソリッドモデリングにおいて、
図4のように矢印の面を左クリックします。


図4:ソリッドモデル②


ドラフトサーフェスを選んだら、次にドラフトするヒンジを選択します。
Pro/E画面左上の図5の参照のドラフトツールメニューの赤い部分を押します。


図5:参照のドラフトツールメニュー②


ここでは、図4のようにPro/E画面上のソリッドモデリングにおいて、
矢印のエッジをヒンジにするために、ここで左クリックします。


図6:ソリッドモデル③


最後に、抜き方向を選択するために、
Pro/E画面左上の図7の参照のドラフトツールメニューの赤い部分を押します。


図7:参照のドラフトツールメニュー③


そして、Pro/E画面上のソリッドモデリングを、
図8のように矢印の面を左クリックすれば、仮のテーパモデルの完成です。


図8:仮テーパモデル①


テーパの角度調整をするには、
ここでPro/E画面の上の方に数値を入力できるメニューが出てくるので、
この数値を入力して、テーパの角度を調整します。

ここでは図9のように、角度をつけてみました。


図9:仮テーパモデル②


最後に完了を押せば、下図のようにテーパを付ける事ができます。


図10:ドラフトツール完成


以上、ドラフトツールの操作方法についての説明でした。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ