シェルツール:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


シェルツール

ここでは、Pro/Eのシェルツールの使い方に関して説明していきたいと思います。

シェルツールとは、あるソリッドモデルを中抜きの状態にするツールです。
このシェルツールもPro/Eをはじめ、多くの3DCADで活用されています。


シェルツールの使い方

まず、図1のようなソリッドモデルがあるとします。
(ドラフトツール時に作成したモデルですが、練習用で開いて見てください)


図1:ソリッドモデル①


次に、Pro/E画面の右側にあるシェルツールコマンドを左クリックしましょう。


図2:シェルツールコマンド


シェルツールコマンドを左クリックしたら、
図3のように、ソリッドモデル内部に黄色線が発生します。


図3:シェルツール①


Pro/E画面左上に図4のようにシェルツールメニューが開きます。
ここに、数値に入力しますが、この数値がシェルモデルの厚みになります。


図4:シェルツールメニュー①


そのまま一旦右上の完了ボタンを押し、ワイヤーフレームモデルに変換して見て下さい。
すると、見た目は変わっていませんが、図5のようにモデル内部が抜けているのが判ります。


図5:中抜きモデル①


このままじゃ良く判らないかもしれませんね。
そこで、作成したシェルを再定義してみて下さい。

再定義したら、図6のようにソリッドモデルの任意の面を左クリックします。


図6:シェルツール②


そして再び完了を押すと、図7のように、
先ほど指定した面がぶち抜かれた状態になります。


図7:中抜きモデル②


指定する面を増やせば、図8のようにすることも可能です。


図8:中抜きモデル③


モデル初期寸法の中抜きを作る

次に、モデルの外側に厚みをつけて、中抜きする方法について解説します。


今度はPro/E画面左上にシェルツールメニューの図9の赤丸を左クリックします。


図9:シェルツールメニュー②


そうすると、図10のように、
今まで内部に中抜きがされた状態とは逆に外側に対して肉をつけようとします。


図10:仮テーパモデル②


この状態で完了を行えば、モデル初期の寸法の中抜きを作ることが出来ます。

この方法ですが、欲しい寸法の部品金型を製作する際に使用すると便利です。
以上が、シェルツール方法についてのご説明です。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ