穴ツール:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


穴ツール

ここでは、Pro/ENGINEERの穴ツールの操作方法について説明していきます。

穴ツールとは、CAD画面上のソリッドモデルに穴を作成するツールです。
カットによる穴作成よりも細かい設定を行う事が出来ます。


穴ツールの使い方

では、Pro/Eの穴ツールの使い方を解説していきます。
まず、図1のようなソリッドモデルがあるとします。


図1:ソリッドモデル①


この状態で、Pro/E画面の右側にある図2の穴ツールコマンドを左クリックします。


図2:穴ツールコマンド


穴ツールコマンドを左クリックしたら、
図3のように、穴を開けたい面を左クリックしてみましょう。


図3:穴ツール①


すると、Pro/E画面左上に、穴ツールメニューが開きますが、
ここで赤文字で参照と書いている部分を左クリックします。


すると図4のように、さらにメニューが開きますので、
開いたら2次参照の赤丸部分を左クリックしましょう。


図4:穴ツールメニュー①


2次参照とは、穴の前後左右の位置を決めるための面を指定することです。

この事例でいくと、図5のように、2つの面を指定すると黄色矢印が発生し、
穴の位置を合わせる事が出来るようになります。


図5:穴ツール②


最後に、穴ツールメニュー、またはPro/Eモデル画面から
位置寸法を入力したら、完了ボタンを押しましょう。

すると、図6のように、ソリッドモデル中央に穴ができました。


図6:ソリッドモデル②


ネジの設定方法について

次に、もっと細かい設定で穴を作成してみましょう。

穴を再定義して、図7の赤丸ボタンを押します。
すると、ネジの細かい設定画面が出ます。


図7:穴ツールメニュー②


ここでは基本的にISOという国際規格でのネジの設定を行う事が出来ます。
※ちなみにJISでの設定はありません

自分の欲しいネジ穴の設定を行い、完了ボタンのを押すと、
図8のような新しい穴が作成されます。


図8:ソリッドモデル③


ワイヤーフレームモデルにしてみると、
図9のようにネジ穴、ネジ部などの細かい部分まで作成されているのが判ります。


図9:ワイヤーフレームモデル


穴を開ける方法は数種類あるので、その時に状況によって使い分けるのが良いでしょう。
以上が、穴ツール方法についてのご説明です。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ