パターンツールとグループ化:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


パターンツールとグループ化

ここではPro/ENGINEERのパターンツールとグループ化についてご説明していきます。


まずパターンツールとは、作成したモデルに対して同じモデルを複数作成したい時に、
同じモデルをコピーして作成するツールです。

これにより同じモデルを作成する手間を解消できます。


パターンツールの使い方

例えば、図1のようなソリッドモデルがあるとします。
モデルの端っこには、穴が一つ開いています。

この穴をPro/Eのパターンツールを使って穴を増やしてみましょう。


図1:ソリッドモデル①


まず、作成した穴を左クリックしたまま、
Pro/E画面の右側にある図2のパターンコマンドを左クリックします。


図2:パターンコマンド


パターンコマンドを左クリックしたら、
図3のように、穴に対して位置を示す矢印が表示されます。


図3:パターンツール①


そこから、穴をパターン化する前後左右方向を決めるための面を指定していきます。
すると、図5のようにパターンモデルの位置を示す黒丸が表示されます。


図4:パターンツール②


ここまでくると、Pro/E画面左上に図5のようにパターンメニューが発生します。


図5:パターンメニュー①


ここで、パターン方法、パターン数、パターン間隔などを設定します。
パターン方法は、基本的に「方向」にしておくと便利です。



最後にパターンツールメニューからパターンを設定し、完了ボタンを押しましょう。
すると、図6のようにパターンの完成です。


図6:ソリッドモデル②


他にも、軸に対して回転するパターンなどもありますので、色々試して下さい。


グループ化について

次に、Pro/Eのグループ化のご説明をします。


グループ化とは、モデルの作成する際に構築されていくモデル履歴を、
1つにまとめてグループにする事が出来ます。

例えば、あるモデル履歴群が穴を開けるためのモデルだとしたら、
それらを1つのグループにして穴グループ1などにまとめる事が出来ます。


まず、図7のようなソリッドモデルがあるとします。
モデルの端っこには穴が一つ開いています。


図7:ソリッドモデル①


グループ化の作成方法は、図8のように、
Pro/E画面左側のモデル履歴でグループしたいモデルをCtrl+左クリックをしていきます。

次に、その状態で右クリックを長押しするとメニューが出てくるので、
その中のグループを左クリックします。


図8:グループ化①


すると、図9のようにグループ化が完了できました。
(ちなみにグループ名はいつでも変更可能です)


図9:グループ化②


なお、先ほどのパターン化と組み合わせると、図10のようにすることも可能です。


図10:パターンとグループの組み合わせ


パターンツールとグループ化の二つのコマンドを使用すれば、
モデリング作成作業の時間を短縮することが出来ますので、使いこなして見て下さい。


以上が、Pro/ENGINEERのパターンツールとグループ化についてのご説明です。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ