ミラーツールとコピー&貼り付け:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


ミラーツールとコピー&貼り付け

ここではPro/Eでミラーツールとコピー&貼り付けする方法を解説します。

まずミラーツールとは、作成したモデルに対してある面を境にして、
対象にモデルをコピーして作成するツールです。

左右対称のモデルを作成する際に、手間を掛けずに作成できます。


ミラーコマンドの使い方

まず、図1のようなソリッドモデルがあるとします。
(パターンの説明時に使用したモデルで構いません)

ここで、作成した穴を左クリックしておきます。


図1:ソリッドモデル①


作成した穴を左クリックしたまま、Pro/E画面の右側にある
図2のミラーコマンドを左クリックします。


図2:ミラーコマンド


次に、モデルを対称にするための境になる面を左クリックで指定します。

今回は指定する際は、図3のように先に作成していたデータム平面で作成しました。


図3:ミラーツール①


最後に、データム平面を左クリックで指定したら完了ボタンを押します。
これで図4のように、データム平面を境に左右対象になったミラーモデルの完成です。


図4:ソリッドモデル②


ちなみに、前章でご説明したパターンツールとの組み合わせは出来ませんので注意して下さい。


モデルのコピーと貼り付けをする方法

次に、モデルのコピー&貼り付けのご説明をします。


コピー&貼り付けは他のソフトでも使用するものと機能的には同じで、
Pro/Eの場合は押し出しやスケッチ、穴ツールなどのモデルコマンドに対して行います。

まず、図5のように穴を左クリックで指定します。


図5:ソリッドモデル③


次にPro/E画面上部のツールバーにある、図6のコピーコマンドを左クリックします。


図6:コピーコマンド


これで穴ツールをコピーしたことになります。

次に、コピーコマンドの右にある図7の貼り付けコマンドを左クリックします。


図7:貼り付けコマンド


すると、図8ように穴を指定するところまでコピーされます。
あとは細かい設定を行えばOKです。


図8:貼り付け


ちなみに、他ソフト同様Pro/EでもCtrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼り付けが出来ます。
こちらの方が操作は早いので、このコマンドを多用する方ならコチラの方がお勧めです。

以上が、Pro/Eでのミラーツールとコピー&貼り付けについてのご説明です。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ