コスメティック:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


コスメティック

コスメティックツールとは、Pro/ENGINEERにおいて、
作成したモデルに仮想的にネジ部を作成するツールです。

ここでは、このコスメティックツールについてご説明していきます。


コスメティックのコマンドの操作方法

Pro/Eでは、解析や特別な条件以外で、
ネジ部まで細かく再現することはしないのが一般的です。

なぜなら、後々モデルから図面を作成する際に、
図面上ではネジ部は省略されている場合が多いからです。


その代りに、CAD図面上では、ネジ部は細い直線で表しますが、
コスメティックツールはその細い直線を作成するツールと思って下さい。


では、早速、コスメティックのコマンドの操作方法を説明します。

まず、図1のような中抜きのソリッドモデルがあるとします。
このモデルにオネジ(外側にネジ部)とメネジ(中側にネジ部)を作成していきます。


図1:ソリッドモデル①


コスメティックは、Pro/E画面上のツールバーから、
挿入コスメティックねじを選びます。

すると、図2のようにコスメティックメニューが出てきます。


図2:コスメティックメニュー


ここでネジ部の設定を行います。


まず、ネジ部にする面を指定しますが、やり方としては図3のように、
メニューのねじサーフェスを左クリックして、次にネジ部にしたい面を左クリックします。


図3:コスメティックツール①


次に、ネジ部を開始するための端面を指定します。

図4のようにメニューの開始サーフェスを左クリックして、
ネジ部を開始するための端面を左クリックします。


図4:コスメティックツール②


次に、ネジ部を開始する方向を指定します。

通常は図5のように自動で方向を決めてくれますが、
反対側にしたい場合は矢印を左クリックすれば方向が変わります。


図5:コスメティックツール③


次に、ネジ部の深さ指定します。


図6のようにメニューの深さを左クリックすると、
Pro/E画面上部に深さを指定するための入力バーが出現します。

そこで深さの数値を入力してOKを押します。


図6:コスメティックツール④


次に、ネジ部の直径を指定します。


図7のようにメニューの最大直径を左クリックすると、
Pro/E画面上部にネジ谷の直径を指定するための入力バーが出現します。

そこでネジ谷の直径を入力してOKを押します。
※おねじはネジ谷が細い直線で表されます


図7:コスメティックツール⑤


以上で設定完了です。
最後にOKを押せば、コスメティックの完成です。


図8:コスメティック①


ただ、上図のようにソリッドモデルのままだと何が変わったか良く判らないですよね。
そこで、ワイヤーフレームモデルに変換してみます。


ワイヤーフレームモデルに変換すると、図9のように紫の線が作成されています。
この線がコスメティックです。


図9:コスメティック②


同じ方法で中空の部分にコスメティックを行うと、図10のようになります。


図10:コスメティック③


以上、Pro/ENGINEERのコスメティックの操作方法についてのご説明でした。

部品作成



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ