モデル解析など:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


モデル解析など

ここでは、Pro/Eを利用する際に覚えておくと便利な機能をいくつかご紹介します。

最初にご説明するのは、モデルのカラー変更です。


モデルのカラー変更のやり方

まず、図1のようなモデルがあるとします。


図1:3Dモデル


Pro/Eでモデルを作成すると、最初はグレーのモデルで作成されます。
しかし、アセンブリで部品を見易くするならカラー分けが必要となります。


カラー変更を行うには、Pro/E画面内のツールから、ビューカラーおよび外観を選びます。


すると、図2のようにメニューアイコンが出てきます。


図2:カラー①


自分でカラーを作成するか、既に設定されているカラーを指定して、
コマンド内の適用を押してから、閉じるをクリックして下さい。

すると、図3のようにカラー変更されたモデルになります。


図3:カラー②


なお、部分的にカラーをつけるには、図4のように、
カラーメニュー内にある指定を、"部品"から"サーフェス"に変更します。


図4:カラー③


次に、図5のように変更したい面を左クリックします。
すると、面の色が変わります。


図5:カラー④


次に、適用を押して、閉めるをクリックすれば、
図6のように指定した面だけ色が変わります。


図6:カラー⑤


モデル解析のやり方

次に、Pro/ENGINEERでのモデル解析についてご説明します。


モデル解析は作成したモデルの質量や体積などのデータを出力できます。

Pro/E画面上ツールの解析モデル解析を選びます。
すると、図7のように解析メニューコマンドが出てきます。


図7:解析ツール


メニュー内のタイプを"モデル質量特性"にして計算をクリックします。
すると、青い枠のように計算した結果が出てきます。

このように、モデルに材質を入力することで、様々な計算を簡単に行うことが出来ます。


以上がPro/E操作のその他の便利な機能です。

その他の便利機能



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ