スケッチと押し出し:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

「スケッチと押し出し」の記事一覧

「Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル」の「スケッチと押し出し」のカテゴリ記事リストです。

スケッチの変更と削除

既に作成したスケッチを変更する方法と削除をする方法について解説します。3DCADでモデリングもここまで覚えておけば、後はほとんど対応できると思いますので、どんどんモデリングしていきましょう。

スケッチの変更と削除の全文を読む

押し出しの追加とカット

Pro/Eで作成した立体モデルにおいて、追加でモデリングを行う方法(押し出しを追加で行う方法)と、モデルのカットを行う方法について説明します。押し出しとカットをマスターすれば、Pro/Eのほとんど全てのモデリングに対応できると思います。

押し出しの追加とカットの全文を読む

スケッチの押し出し

作成したスケッチを押し出しコマンドを利用して、立体モデルを作成する方法を説明します。Pro/Eにおいて立体モデルは、スケッチを断面として厚みをつけたものを言います。

スケッチの押し出しの全文を読む

星を作ろう

ここでは、Pro/Eのスケッチ機能を使って、CADの作図サンプルとして、実際に画面上で星の図形を作成してみたいと思います。

星を作ろうの全文を読む

スケッチ拘束(後編)

スケッチ拘束の種類について説明します。全部で9種類あり、垂直拘束、水平拘束、直角拘束、接線拘束、中点拘束など、それぞれの種類についてその操作方法を解説します。

スケッチ拘束(後編)の全文を読む

スケッチ拘束(前編)

Pro/ENGINEERでのスケッチ拘束についての解説。スケッチにあるルールを与えて強制するコマンドのことを拘束コマンドといいます。V拘束やH拘束のほか、色々な種類があります。

スケッチ拘束(前編)の全文を読む

寸法コマンド

寸法コマンドで良く使うものとして、ロックと参考寸法の機能について解説します。スケッチではたまに寸法が勝手に変わることがありますので、勝手に変わらないようにするためにロックをします。

寸法コマンドの全文を読む

寸法修正と消去

Pro/ENGINEERのスケッチ線の寸法変更について、操作方法を解説します。また、寸法の消去方法についても解説します。

寸法修正と消去の全文を読む

寸法作成(後編)

Pro/ENGINEERでのスケッチ線への寸法作成方法の説明の続きです。円や角度、直径などの場合についてここでは説明します。

寸法作成(後編)の全文を読む

寸法作成(前編)

Pro/ENGINEERでのスケッチ線への寸法作成方法をご説明します。スケッチ寸法は、2DCADの寸法とは違う別物と考えて下さい。

寸法作成(前編)の全文を読む

スケッチ作成の注意点

Pro/Eでスケッチを作成する際の注意点として、厚みを付ける際などには、線同士が繋がっているか、線がはみ出していないか、重複していないかなどに注意する必要があります。

スケッチ作成の注意点の全文を読む

スケッチ作成方法

直線や円など、各種スケッチコマンドの操作方法についての説明です。Pro/ENGINEERは3DCADですが、スケッチに関しては、基本的には2DCADと変わりません。

スケッチ作成方法の全文を読む

画面とコマンドの種類

Pro/ENGINEERにおいて、部品モデリングで部品の断面を描くスケッチの方法を解説します。また、実際の作図において必要なスケッチアイコンについても説明します。

画面とコマンドの種類の全文を読む

サブコンテンツ

サイトマップ