スケッチ作成方法:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


スケッチ作成方法

ここでは、直線や円など、各種スケッチコマンドの操作方法をご説明します。


Pro/ENGINEERは3DCADであるとはいえ、スケッチに関しては、基本的には
2DCADとあまり変わりませんので、簡単に作図が可能です。


では、早速、各コマンドの操作について説明していきます。


各コマンドの操作方法

(1)直線

直線のスケッチを描きます。

ここでは1番基本的な直線のスケッチ方法をご説明します。
中心線を描く場合も横の→から選びます。


図1のようにまず始点を左クリックします。

次に終点を左クリックすると直線が完成します。


図1:直線①


図2のように直線を繋げる事も出来ます。


図2:直線②



(2)中心線

中心線をスケッチします。


図1のようにまず始点を左クリックします。

次に終点を左クリックすると直線が完成します。


図3:中心線



(3)四角形

四角形をスケッチします。
ここでは1番基本的な四角形のスケッチ方法をご説明します。


図4のようにまず始点を左クリックします。

次に終点を左クリックすると四角形が完成します。


図4:四角形



(4)円

円をスケッチします。
ここでは1番基本的な円のスケッチ方法をご説明します。


図5のように始点を左クリックします。

次に終点を左クリックすると円が完成します。


図5:円



(5)円弧

円弧をスケッチします。
ここでは1番基本的な円弧のスケッチ方法をご説明します。


図6のように始点を左クリックします。

次に終点を左クリックすると円が完成します。


図6:円弧①


終点によっては図7のような円弧も出来ます。


図7:円弧②



以上のスケッチ方法を使用すれば、図8のようなスケッチも簡単に行えます。


図8:スケッチ図


また、右クリックを長押しすると、図9のようにショートカットコマンドが出てくるので、そこからお好きなスケッチコマンドを選べます。


図9:スケッチ図


ちなみに図では中心点や端点にスケッチの始点を置いてますが、
始点はどこにでも置けますので、その時によって使い分けて下さい。


以上がスケッチ方法です。

スケッチと押し出し



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ