寸法作成(前編):Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


寸法作成(前編)

ここでは、Pro/ENGINEERでのスケッチ線への寸法作成方法をご説明します。

スケッチを行うには図1のアイコンを選びます。


図1:スケッチ寸法アイコン

スケッチ寸法とは、2D-CADの寸法記入とは違い、スケッチ用の寸法記入であり、
2D-CADのものとは別物であると考えてもらって構いません。



ただし、スケッチの寸法を図面の寸法に関連つけた方が、後々作業が楽になります。

したがって、慣れてきたら図面につける寸法をある程度考えながら、
スケッチ寸法も付けておくと良いでしょう。


スケッチ寸法の作成方法

最初に図2のようなスケッチを作成したとします。
スケッチを作成すると、図2のように灰色の寸法が出てきます。


図2:グレイの寸法のスケッチ


この灰色寸法は仮の寸法でして、これにちゃんとしたスケッチ寸法を指定します。


まず、図3の仮寸法をスケッチ寸法にします。


図3:仮寸法修正①


方法は・・・

①スケッチ寸法アイコンを選んで、マウスカーソルをスケッチ線に付けて左クリックします。
そうすると図4のようにスケッチが赤くなります。


図4:仮寸法修正②


②次に、そのままマウスの中ボタンをクリックします。
そうすると、図5のようにスケッチ寸法の完成です。


図5:仮寸法修正③


仮寸法には出てない場合の寸法作成

次に、仮寸法には出てない場合の寸法を作成します。

図6の間部分の寸法を作成する場合ならば・・・


図6:仮寸法修正④


①スケッチ寸法アイコンを選んで図7のスケッチ線と軸を選びます。
そうすると線が赤くなります。


図7:仮寸法修正⑤


②次に、そのままマウスの中ボタンをクリックします。
そうすると、図8のようにスケッチ寸法の完成です。


図8:仮寸法修正⑥


これを繰り返せば、図9のようにスケッチ寸法をつけることが出来ます。


図9:仮寸法修正⑦


以上が、スケッチ線への寸法作成方法(前編)のご説明です。
後編では、他のスケッチ寸法をご説明していきます。

スケッチと押し出し



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ