寸法修正と消去:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


寸法修正と消去

ここではPro/ENGINEERのスケッチ線の寸法変更と消去方法をご説明します。


まず、Pro/ENGINEERの寸法変更ですが、
スケッチで作成した寸法は最初から綺麗な寸法になるわけではありません。

なぜならスケッチ線で適当な長さで作成しているからです。
したがって、そのままの寸法では使い物にならないので寸法を修正します。


寸法修正のやり方

まず、修正したい寸法をダブルクリックします。
そうすると図1のように白いリストが出てきます。


図1:長さ寸法修正①


寸法を修正したらEnterを押すか、
スケッチ画面をクリックすると図2のように寸法変更が完了です。


図2:長さ寸法修正②


次に、図3のように角度の寸法を作成します。


図3:角度寸法修正①


この角度寸法も簡単に修正することが出来ます。
長さ寸法の修正と同じ要領で図4のように修正を行います。


図4:角度寸法修正②


他にも円や直径寸法も同じ要領で行うことが出来ます。
ちなみにカーソルを寸法にあわせて右クリック長押し→修正からでも修正可能です。

また数字は半角で記入してください。全角では認識しません。


寸法の消去方法

次に、Pro/ENGINEERでの寸法の消去方法をご説明します。

消去したい寸法にカーソルを合わせて、
マウスの右クリックを長押しすると図5のようなリストが出てきます。


図5:寸法消去①


リストの中の消去を行えば、図6のように寸法を消去完了です。
寸法を消すとその代わりに仮寸法が発生します。


図6:寸法消去①


ちなみに、寸法に合わせてDeleteキーを押すだけでも消去できます。
Deleteキーを押す方がすぐに消去できるので、こちらを利用した方が良いでしょう。

この二つのコマンドは、スケッチ寸法を行う際に、
効率良く進めるのに必要なので覚えておくと良いでしょう。


以上が、Pro/ENGINEERにおける寸法修正と消去の説明です。

スケッチと押し出し



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ