星を作ろう:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


星を作ろう

ここでは今までご説明したPro/ENGINEERのスケッチ機能を使って、
CADの作図サンプルとして、実際に画面上で、星の図形を作ってみようと思います。


図1:星完成


最終的には図1のように、星のスケッチが完成しますが、
初心者の方には、Pro/ENGINEERの作図の練習として、一緒に作図して見てください。


スケッチを使って星の作成

では、早速図形を作成していきましょう。

①まず、図2のようにスケッチ画面にします。


図2:星①


図3のように中心線を作成します。


図3:星②


③さらに中心線を加えて図4のように星の形を作ります。


図4:星③


図5のように中心線にそってスケッチ直線を描きます。


図5:星④


⑤スケッチ拘束のイコール拘束を使って図6のように直線の長さを均等にします。


図6:星⑤


図6のように直線の長さを100(mm)にします。


図7:星⑥


図7のように直線をロックします。


図8:星⑦


図7を良く見ると128.602mmという仮寸法があるのがわかります。

図8のスケッチ線を左クリックで押さえてマウスを上下に動かすと、
図9のように星が上下します。


図9:星⑧



図10:星⑨


図11のように2点を合わせた中心線を作成します。

そうすると図12のようになります。


図11:星⑩



図12:星⑪


図13のように2点をスケッチ拘束の対象拘束して、図14のようすればスケッチは完了です。


図13:星⑫



図14:星⑬


最後に終了を押せば、図15のようになります。


図15:星⑭


以上で、星のスケッチは完了です。
次回はこのスケッチを立体モデルにします。


ちなみにPro/Eでのスケッチ作成は様々なタイプを作成していくので、
色んなコマンドを使い分ければ効率的にかつ、正確に作成することができます。

スケッチと押し出し



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ