スケッチの押し出し:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


スケッチの押し出し

ここでは、作成したスケッチを押し出しというコマンドを利用して、
立体モデルを作成する方法をご説明します。


前にもお話しましたが、Pro/Eにおいて立体モデルは、
スケッチを断面として厚みをつけたものを言います。

では、順を追ってご説明します。


押し出しの機能を使ったモデリング

まず、図1のように前章で作成した星のスケッチを用意します。


図1:星のスケッチ①


星のスケッチを図2のようにクリックします。
クリックすると星のスケッチが赤くなります。


図2:星のスケッチ②


画面右側にある図3の押し出しコマンドのボタンを押します。


図3:押し出しアイコン


そうすると図4のように黄色い立体モデルが出来ます。
これはまだ仮の立体モデルで完成はしてません。


図4:押し出しモデル①


押し出しを実行すると、画面左上に図5のようなコマンドが出てきます。
ここで押し出しモデルの指定を行います。


図5:押し出しコマンド①


図6:押し出しコマンド②


ここで、図6のボタンを押すと、図7のように中抜きになります。


図7:押し出しモデル②


これは、サーフェスモデルと言われていて、
板状の部品や曲線の多い形状を作成する際に使用します。

試したら、もう1度ボタンを押して元に戻してください。


次に、図8のボタンを押すと、図9のようにいくつかのアイコンが出てきます。
このコマンドで、押し出しする方向を決めることが出来ます。


図8:押し出しコマンド③



図9:押し出し方向コマンド


上記の押し出し方向コマンドを、上から順に説明すると・・・

  1. 指定した数値だけ押し出しすコマンドです
  2. 図10のようにスケッチを中心にして指定した数値だけ前後方向に押し出すコマンドです
    (100と入力すれば前後に50ずつ伸びて計100になる)
  3. 図11のように指定した面まで押し出すコマンドです


図10:押し出しモデル③


図11:押し出しモデル④


押し出す方向などは、その時々によって使い分けますが、ここでは1で指定します。


次に、図12のボタンを押すと、
先ほどのサーフェスモデルに似たような形で中抜きが出来ます。(図13)


図12:押し出しコマンド④



図13:押し出しモデル⑤


ちなみに、こちらの場合は、厚みを自由に指定できます。
試したら、もう1度ボタンを押して元に戻して下さい。


図14のボタンを押すと、押し出しする方向を前後に変えれます。


図14:押し出しコマンド⑤


試しに、押し出しコマンドの押し出し量を120にして、
最後に終了を押せば、図15のように星の立体モデルの完成です。


図15:押し出しモデル⑥


以上が、Pro/Eのスケッチの押し出し方法のご説明です。

スケッチと押し出し



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ