押し出しの追加とカット:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


押し出しの追加とカット

ここでは、Pro/Eで作成した立体モデルに対して、
さらにモデリングを行う方法と、モデルのカット方法をご説明します。


複雑で立体的なモデルを作成すると、
1度のスケッチ」→「押し出し」では作成できない図形も多々あります。

したがって、スケッチを複数回追加で行う必要があるのですが、
まずは、最初に押し出しの追加方法から説明していきましょう。


押し出しの追加

まず、図1のように先ほど作成した星の立体モデルで、
赤い矢印の面に対してスケッチを作成します。


図1:星の立体モデル①


そのままスケッチすると見づらいのでワイヤーフレーム表示にします。
すると図2のようになります。


図2:星のスケッチ画面①


次に、図3のように円のスケッチを作成します。
判りやすいように中心点に作成すると良いでしょう。


図3:星のスケッチ画面②


スケッチを終了すると、図4のようになります。
モデル中央の赤い円が追加したスケッチです。


図4:星の立体モデル②


このスケッチを前回と同じ要領で、
押し出しコマンドを使って図5のように押し出します。


図5:星の立体モデル③


すると、図6のように新しい円柱立体モデルを追加した状態になりました。


図6:星の立体モデル④


この時、新しい円柱立体モデルは、星の立体モデルに依存している状態なので、
星の立体モデルを消去すると一緒に消えてしまうので注意してください。


モデルのカット方法

次にカットの方法を説明していきます。
カットとはモデルの要らない部分を削り取ることを言います。


では、まず、星の立体モデルに対して再度スケッチと押し出しを行います。

その際に押し出し方向を逆にして、図7のボタンを押すと、
図8のような画面になります。


図7:カットコマンド



図8:星の立体モデル⑤


押し出し量を星の立体モデルと同じか、それ以上にして終了します。
そうすると、図9のようなモデルになり、中が抜けたモデルになります。


図9:星の立体モデル⑥


カットは様々な状況で使用するので、
押し出しとカットをマスターすれば、ほとんどの形状の立体モデルを作成することが可能です。

以上、Pro/Eでのスケッチと押し出しの追加方法の説明でした。

スケッチと押し出し



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ