画面とコマンドの種類:Pro/ENGINEER(Pro/E)の使い方・操作方法マニュアル

▼Pro/ENGINEERの使い方をマスターしたいなら、この本がオススメ


【送料無料】Pro/ENGINEER Wildfire 2.0による実践3次元CADテキスト
[ 楽天ブックス ]


画面とコマンドの種類

ここでは、数回に分けてPro/ENGINEERのスケッチ方法をご説明していきます。


まず、スケッチとは部品モデリングで部品の断面を描く事を言います。

スケッチで描いた断面に厚みを付けたり、
回転させたりすることで部品に厚みが付き立体的なモデリングになるのです。


では順を追ってご説明していきます。


スケッチの流れ

まず、画面右側にある図1のアイコンを選びます。


図1:スケッチアイコン


そうすると図2のような画面になるので、
スケッチを作成する際の面を選び、スケッチを押します。
※2次元CAD同様に1つの面に描きまくので、その面を選びます


図2:平面を選ぶ


そうすると、図3のように、画面が暗転して選んだ面の正面になります。
これがスケッチ画面です。


図3:スケッチ画面


この画面を基準にスケッチを行っていきます。


アイコンの説明

次に、スケッチするのに必要なアイコンをご説明していきます。
スケッチのアイコンは画面右側のツールバーに並んでいます。

(1)選択


選択

スケッチや平面などを選びます。
1回ごとのスケッチ操作が終われば自動的に選択なります。



(2)直線


直線

中心線

直線や、中心線を描きます。
横の→で直線のタイプを選びます。



(3)四角


四角形

四角形を作成します。



(4)円


円を作成します。
横の→で様々な円の作成方法を選べます。



(5)円弧


円弧

円弧を作成します。
横の→で様々な円弧の作成方法を選べます。



(6)点


円弧を作成します。
横の→で様々な点の作成方法を選べます。



(7)寸法


寸法

スケッチした線などの寸法を作成します。
ちなみに作成した寸法は図面寸法に関連するので、
図面に付ける寸法をある程度考えてスケッチ寸法を付けると良いでしょう。



(8)拘束


拘束

スケッチに様々な拘束を付けます。
*拘束は別途記事にてご説明します



(9)トリム


トリム

スケッチのエッジを修正します。
横の→で様々なエッジの作成方法を選べます。



(10)ミラー


ミラー

スケッチを中心線などw解して反射してスケッチをコピーする。



(11)スケッチ終了


スケッチ終了

スケッチを終了します。



(12)スケッチキャンセル


キャンセル

スケッチをキャンセルします。



以上のコマンドを覚えておけば、モデリングは難なく行えるでしょう。
以上、スケッチ画面とコマンドの種類の説明でした。

スケッチと押し出し



>>Pro/ENGINEERの参考書籍をAmazonで見る


Pro/ENGINEER関係の練習問題や操作方法を解説した参考書テキストなどは幾つかありますので、あなたに合った書籍で勉強してみてください^^

サブコンテンツ

サイトマップ